エコな発電方法として注目を集めている太陽光発電。
電気料金の削減が期待でき、しかも余った電力を電力会社に売れることから導入を検討する家庭も増え始めています。
さて、導入前には各メーカーのカタログを比較することになりますが、このカタログ、どれも専門用語ばかりで素人には内容がほとんど分かりません。
そこで今回は太陽光発電のカタログに使われる用語をご説明いたします。
一度こちらをご覧ください⇒太陽光発電 カタログ 発電量

まずは公称最大出力。
「200W」や「250W」などと表される数値で、JIS規格が定める条件下で、太陽電池モジュール一枚あたり一時間に最大で何ワット発電できるかを表します。
この数値が大きいほどパワーのある太陽電池モジュールといえます。
次にモジュール変換効率。太陽光エネルギーを電気エネルギーに変換する際の効率を表します。
上記の公称最大出力とモジュールの面積から導き出され、このパーセンテージが高いほど性能の良い太陽電池モジュールといえます。
そしてシステム容量。太陽電池モジュールは一枚だけでなく複数設置するのが基本です。
公称最大出力250Wのモジュールを20枚設置した場合、システム容量は5000W = 5.0kW となります。
カタログに記載されている年間推定発電量は、このシステム容量を「5.0kWの場合」「4.88kwの場合」などと仮定した上で算定しており、
実際の発電量は設置するモジュールの枚数や、住んでいる地域の日射量により上下しますのでご注意ください。

関連記事


    太陽光発電の設備をこれから導入したいと思っている人も多いかと思います。 ですが、その多くは太陽光発電を導入するにはかなり高額の設置費用を払って太陽光パネルを設置するしかないと思っているかと思います。 …


    最近は電力自由化の影響で太陽光発電を導入する家庭が多くなっています。 それはどうしてかというと、電力自由化によって一緒に太陽光発電を勧める業者が多くなったからです。 以前はそんな事はなかったのですが、…


    自宅でクリーンに発電できる上に、余った電気を電力会社に売電できる太陽光発電ですが、良いことばかりではありません。 蓄電池によって最大効果となる使い方をしても、平均20年間という、長期にわたるローンの返…


    年間日照時間の上位にランキングされるところに住んでいるから、太陽光発電に対しては強い興味を持つ。 また太陽光発電用パネルを生産している工場も近くにあるからそれが更に増す。 近くに新興住宅地があり、付近…


    ソーラーパネルを屋根にのせ、太陽発電を考えている方。 太陽か発電にとって大敵はどんな天候だとお考えですか? たいていの方は太陽光がソーラーパネルに届かない雨や曇りの日と考えるでしょう。 確かにそれは間…