外壁塗装の耐久性は、以前に比べて高い水準に至りつつあるのではないかと考えられています。

参考: 外壁塗装 耐久

昨今行われる外壁塗装の作業は、塗料の違いがあっても概ね10年以上の耐用年数が期待できるものであると考えられていることから、一度塗装してもらうと10年単位で再塗装の必要がないと言えるでしょう。
外壁塗装の耐久性が高くなることについては、実際に家屋の塗装を依頼する人からは強く歓迎されているのではないかと思います。
ここ数年は、特に塗装の寿命が長くなる傾向にあると考えられていることから、こうした傾向が鮮明なものとして挙げられています。
塗装に使われる塗料によっては、15年から20年程度の耐久性や寿命を想定できることもあるとされています。
塗装の見え方との兼ね合いになることが多いと考えられていますが、長期的に耐久性の落ちない塗料を選ぶ人が増えつつあるため、このような特徴が良いものであると評価されています。
現在も外壁塗装の耐久性を高めるための方策が多くのところで積極的に模索されています。
これまでよりも寿命や耐用年数の長く期待できる塗料が、外壁塗装の現場において導入されることも期待できるようになるのではないかと見込まれています。

関連記事